産後の骨盤のゆがみ~産後骨盤矯正の必要性~ | 浜松市東区で口コミ1位のしんせつな鍼灸マッサージ整骨院・整体院

交通事故後の負傷の施術・リハビリにも自信があります
〒435-0048 静岡県浜松市東区上西町980-1 2階

産後の骨盤のゆがみ~産後骨盤矯正の必要性~

2019/11/26 | カテゴリー:スタッフブログ

浜松市で産後の骨盤の歪みや痛みに悩まされている女性はおおくいらっしゃると思います。

 

浜松市のしんせつな鍼灸マッサージ整骨院では、産後の骨盤矯正も得意としています。

 

 

出産時には赤ちゃんの頭がママの狭い骨盤を通り抜けるわけですから、当然骨盤は広く広がってしまいます。

 

これは、出産時に「リラキシン」というホルモンが分泌され、身体が自然とお産にむけた準備を始めます。

 

産前に恥骨や股関節が痛むという妊産婦さんがいるのはこういうわけです。

 

リラキシンの影響は、一般的に産後半年までと言われています。

産後骨盤矯正はそれまでに始めるのをお勧めしています。

 

 

この開いた骨盤は産後自然に元の位置に戻っていくのが通常です。

 

では、骨盤のゆがみを産後に戻していくために必要なことについて説明します。

 

 

まず、安静です。

 

よく産後1カ月は休みましょう、と言われますよね。

産後1カ月は回復にもっとも力を使う期間なんです。

ここで無理をして家事やましてやお仕事をしてしまうと、骨盤だけではなく、

身体全体の回復が遅くなってしまうので注意が必要です。

 

産後1カ月はまだ骨盤の回復が十分でなく、大きく開いたまま不安定な状態ですから、

ここでむりをしてしまうと、今後の骨盤のゆがみに大きく影響を及ぼします。

 

この時期から産褥体操をしたり、骨盤ベルトやリフォームインナーを着用するとよいでしょう。

 

 

産後1カ月以上たって、ママの体力が安定し、骨盤も安定してきたら、ここで骨盤矯正が重要となります。

 

産後の骨盤矯正をするうえで、同時に行うとよいのが、

 

・骨盤周りの筋力を高める

 

・骨盤周りの関節の柔軟性をよくする

 

・姿勢をみなおす

 

です。

 

 

もちろん産後骨盤矯正と同時にご自身でも気を付けていただきたい点ではございますが、

浜松市のしんせつな鍼灸マッサージ整骨院では、ただ骨盤とぽきぽき言わせる矯正だけではなく、

上記の必要なポイントも押さえたトータルバランスを重視した施術となっております。

 

 

まず、骨盤周りの筋力アップに対しては、「複合高周波EMS」という機械を使って、

なかなか普段のトレーニングでは鍛えにくい、インナーマッスルを刺激していきます。

 

骨盤のインナーマッスルは、腸腰筋や大腰筋などがありますが、これらは骨盤を支えている重要な筋肉です。

 

これらを鍛えることで、骨盤が安定し、インナーマッスルを鍛えること自体が骨盤矯正になっていくのです。

 

 

次に骨盤まわりの関節の柔軟性をあげることに対しては、

浜松市の当院では、「IDストレッチ」という専門的なストレッチを取り入れております。

 

このストレッチは普段自分で行うことのできない部分へのストレッチ効果があり、

全身の筋肉や骨格を熟知している私たちにしかできないストレッチになります。

また、骨盤矯正に効果のある、自宅で行えるストレッチについてもご指導させていただくことが可能です。

 

 

最後に日常生活の姿勢に気を付けるに対しては、

当院が取り入れている姿勢撮影機「ピークアボディ」であなたの姿勢を撮影し、

まずどの部分が歪んでいるかを診断します。

 

写真をもとに、あなたの骨盤矯正において重要な施術であったり、

生活の上での姿勢の注意点をご説明させて頂きます。

 

 

浜松市で産後の骨盤の歪みでおなやみでしたら、

浜松市東区のしんせつな鍼灸マッサージ整骨院で専門的な骨盤矯正を受けてみませんか?

 

矯正は継続的に施術していくことが大事なので、当院では回数券でのお得なプログラムをご用意しております。

 

お気軽にご相談ください。

 

http://hamamatsu-seitai-seikotsuin.com/500/

スタッフブログ一覧へ戻る

交通事故治療

一覧を見る

一覧を見る

一覧を見る

Copyright © しんせつな鍼灸マッサージ整骨院・整体院. All rights reserved.