椎間板ヘルニアをご存じですか? | 浜松市東区で口コミ1位のしんせつな鍼灸マッサージ整骨院・整体院

交通事故後の負傷の施術・リハビリにも自信があります
〒435-0048 静岡県浜松市東区上西町980-1 2階

椎間板ヘルニアをご存じですか?

2019/10/30 | カテゴリー:スタッフブログ

 

浜松市で椎間板ヘルニアでお困りのあなた、

浜松市東区のしんせつな鍼灸マッサージ整骨院では、椎間板ヘルニアに対する施術も行っております。

 

腰痛をお持ちの日本人はとても多いですが、椎間板ヘルニアは画像による検査をしないと診断できないため、

椎間板ヘルニアだけどただの腰痛だと思って放置している方もいらっしゃるようです。

 

最近では、ある有名人の方が、頚椎椎間板ヘルニアによる術後のうつ病になったということで話題になりましたね。

 

椎間板ヘルニアには頚椎、腰椎といわゆる首と腰どちらも存在します。

 

「痛みでうつ病になるなんて」と思っている方、意外と多いのではありませんか?

いえいえ、この椎間板ヘルニアの痛み、軽く見てはいけません。

 

では、椎間板ヘルニアになった場合の症状についてご説明させていただきます。

 

椎間板ヘルニアは、背骨のクッションの役割をしている「椎間板」が本来あるべき場所から飛び出して、

神経を圧迫している状態です。

 

神経を圧迫しているので、痛みだけではなく、しびれや感覚鈍麻なども出現します。

 

このしびれや感覚鈍麻は、頚椎椎間板ヘルニアの場合は、手の指先にまで、

腰椎椎間板ヘルニアの場合には、足の指先にまで現れます。

 

また、ひどい場合には、手足が動かせなくなったりすることもあります。

 

ひどい場合には排尿・排便障害も起こる場合もあるようです。(排尿困難、失禁や尿意の喪失など)

 

椎間板ヘルニアは比較的若い世代(20~40歳代)の方に多く、女性よりも男性の方が多いようです。

 

この世代は仕事やスポーツの盛りの世代ですから、

椎間板ヘルニアがその人の人生にとってどれほどの影響を及ぼすかは容易に想像できますね。

 

椎間板ヘルニアの原因として言われているのが、「圧力」です。

例えば、重いものを持っていることが多かったり、

首や腰に強い力のかかるスポーツをしている方に多いと言われています。

 

椎間板は10歳代を過ぎたころからすでに老化が始まるようですので、20歳代以降の方に発症が多いんですね。

 

また椎間板ヘルニアの原因として最近では、たばこや遺伝、精神的・社会的背景なども関係していると言われています。

 

椎間板ヘルニアかどうかを検査するには、病院でMRIをとる必要があります。

 

でも病院は混むし、なんだか怖いしいきたくない、という方もいらっしゃいますので、

もちろん当整骨院に来ていただいて、画像診断以外の徒手検査を行い、

場合によっては整形外科への紹介状も書くことはできますので、お気軽に当整骨院にご相談くださいね。

 

椎間板ヘルニアに対する治療は、病院では痛み止めが初めに処方されると思います。

 

それでもよくならなければ、ブロック注射や手術になっていきます。

手術は、日常生活が送れなくなるほどの椎間板ヘルニアの症状の方に適応となりますから、

ほとんどの方が、痛み止めでの対症療法となります。

 

しかし、痛み止めだけでは、その場しのぎにしかならず、なかなか良くならないのが現実です。

 

浜松市の当整骨院では、リハビリや運動指導、電気療法、ストレッチなどを織り交ぜながら、

国家資格者の手技によって、椎間板ヘルニアが及ぼす症状の周囲にもトータルアプローチしていきます。

 

椎間板ヘルニアの初期にはもちろん痛みを和らげるために安静が必要ですが、

ずっと安静にしていては筋力が落ちてしまい、かえって椎間板ヘルニアを悪化させる原因となります。

 

浜松市のしんせつな鍼灸マッサージ整骨院では、各患者様の状態を見て、

適切な施術や指導を行っていきますのでご安心ください。

 

浜松市で椎間板ヘルニアにお困りでしたら、浜松市東区のしんせつな鍼灸マッサージ整骨院へご相談ください。

 

http://hamamatsu-seitai-seikotsuin.com/764/

スタッフブログ一覧へ戻る

交通事故治療

一覧を見る

一覧を見る

一覧を見る

Copyright © しんせつな鍼灸マッサージ整骨院・整体院. All rights reserved.