ぎっくり腰に関する患者様からの質問 | 浜松市東区で口コミ1位のしんせつな鍼灸マッサージ整骨院・整体院

交通事故後の負傷の施術・リハビリにも自信があります
〒435-0048 静岡県浜松市東区上西町980-1 2階

ぎっくり腰に関する患者様からの質問

2019/10/12 | カテゴリー:スタッフブログ

 

本日はぎっくり腰になった患者様から多く寄せられる質問についてご紹介させていただきながら、

それについて答えていきたいと思います。

 

ぎっくり腰になってしまったらコルセットをつけるの?

 

コルセットは腰回りの骨や筋肉の動きをサポートしてくれますので、

着用すると楽だと感じる患者様は多いようです。

しかし必ずしも必要というわけではありません。

またあまり長く着用してしまうと、ぎっくり腰になったあとも二次的に筋力が落ちてしまい、

逆にぎっくり腰を再発させる要因になりかねませんから、痛いときに緊急用として使うのが望ましいでしょう。

 

 

ぎっくり腰になってしまったら、自分でなにかすべきことはありますか?

 

ぎっくり腰になってしまったらまずは安静を保つことが第一です。

痛みが引いてきたら、徐々に動くようにしましょう。

また、ぎっくり腰になってすぐでしたらアイスノンは湿布などで痛い所を冷やすといいでしょう。

ぎっくり腰は急性の炎症ですから、冷罨法がもってこいです。

 

ぎっくり腰にマッサージは有効ですか?

 

よく慢性の肩こりや腰痛の場合はマッサージすることで痛みが和らぐことが多いですよね。

しかしぎっくり腰の場合は、炎症が起きている状態ですから、初期のころはあまり刺激しない方がよいです。

専門の機関に相談してから、徐々にマッサージなどの施術を受けることをお勧めします。

浜松市の当整骨院でも、急性のぎっくり腰の患者様に最初から無理なマッサージをすることはありません。

状態をきちんと観察してから施術に入らせていただきます。

 

いつも仰向けで寝ていたのですが、ぎっくり腰になって仰向けで寝るのが痛くなってしまいました。なにかいい寝方はありませんか?

 

ぎっくり腰になってしまうと、仰向けの体勢が困難になります。

見た目ではわかりにくいかもしれませんが、仰向けの体勢は、腰に負担がとてもかかるからです。

上を向いた状態で膝を曲げるだけで違いますし、痛みに左右差があるのであれば、

痛くないほうを上向きの横向きで寝るのもいいでしょう。

浜松市の当院ではそういった日常生活での注意点などもお教えしたり、

患者様と一緒に最善の方法を考えていきます。

 

ぎっくり腰になるまで毎日お風呂に入っていましたが、続けて良いですか?

 

基本的に動けるようになってからは人ぞれぞれ合う合わないがありますので、

お風呂に入って痛みが和らぐようなら、入るのもよいでしょう。

しかし、ぎっくり腰になったばかりのうちで、熱をもっていたり無理しないと動けないうちはお勧めできません。

 

昔ぎっくり腰になりました。今、まったく同じではありませんがそのときに似た違和感があります。これはぎっくり腰ですか?

 

一度ぎっくり腰になった方は前兆のような症状が出ることがあるようです。

痛みが出始めたら早めに日常生活で無理をしないことをお勧めします。

 

浜松市東区のしんせつな鍼灸マッサージ整骨院ではぎっくり腰に対する施術も行っております。

浜松市にお住いの方でぎっくり腰でお困りでしたら、ぜひ浜松市東区の当院までご相談ください。

 

http://hamamatsu-seitai-seikotsuin.com/

スタッフブログ一覧へ戻る

交通事故治療

一覧を見る

一覧を見る

一覧を見る

Copyright © しんせつな鍼灸マッサージ整骨院・整体院. All rights reserved.