頚肩腕症候群治療も当整骨院にお任せください! | 浜松市東区で口コミ1位のしんせつな鍼灸マッサージ整骨院・整体院

交通事故後の負傷の施術・リハビリにも自信があります
〒435-0048 静岡県浜松市東区上西町980-1 2階

頚肩腕症候群治療も当整骨院にお任せください!

2019/07/17 | カテゴリー:スタッフブログ

頚肩腕症候群という言葉をみなさんは耳にしたことがございますか?

頚肩腕症候群には、変形性頚椎症と頚椎椎間板ヘルニアがあります。

特徴として、変形性頚椎症は50歳以上の方に多く、頚椎椎間板ヘルニアは20~40歳代の方に多いです。

これらの二つを合わせて頚肩腕症候群といいます。

では、頚肩腕症候群の主な症状と原因について説明します。

頚肩腕症候群は、一日中同じ姿勢でパソコン作業をしている方に多い疾患です。

首から肩、腕や指先にしびれや痛みがある、または感覚が鈍くなったりする場合もあります。

頚肩腕症候群の症状の出初めのころは何ともなく、手や腕の感覚が少し変かなといった症状です。

それが進行していくと手や腕がうまく動かせなくなったり、指がカギ状に変形しまったりと、

運動障害、筋力低下にもつながってきます。

 

これら頚肩腕症候群の症状はほとんど違いはないのですが、

一般的に20~40歳代の方は、頚椎椎間板ヘルニア、50歳以上の方は変形性頚椎症と診断されます。

 

同じ症状でも50歳代以上の方は加齢によって変形も多少はあると考えられこの様な判断になることが多いです。

 

では、整骨院での頚肩腕症候群の治療方法について説明します。

 

普通の病院、整形外科の検査ではレントゲン検査を行い、変形を確認し、

変形がない場合はMRIやCTなどを行い検査していきます。

検査した結果、原因がわかない場合でも頚肩腕症候群と判断されることがあります。

整骨院では手技によって検査をしていきます。

短時間でかなりの成果をだすことができるスパーリングテストという手技です。

頚部を後方に曲げ、頭の上から下に圧力をかけます。このときに、右手がしびれるなら右に傾けます。

その時に症状が増悪する場合が陽性となります。

もしこのテストでしびれがあっても、痛みが伴わない場合は陰性になります。

この場合は首に原因はなく、肩関節、肘関節、手関節などに原因がある事が多いです。

頚肩腕症候群の原因が、整骨院でこんな簡単なテストで分かってしまう理由は、

首の神経は頚椎の椎間の穴から出ているのでどこがしびれているかによって

頚椎の何番目と何番目の間に原因があるのか判断することができます。

椎間に原因があると分かった場合は以下の治療をしていきます。

 

① 整骨院の干渉波治療

頚肩腕症候群の患部の神経根を狙って干渉波をかけていきます。

② 整骨院のキネシオテープ

頚肩腕症候群の原因となっている頚部から腰部までつながっている脊柱起立筋にそって張っていきます。

③ 整骨院のマッサージ

頚肩腕症候群の痛みの原因の周りの筋肉をほぐしたり、

ストレッチすることで血流がよくなったり関節可動域が拡大したり、関節の遊びを作ることができます。

④ 整骨院の関節矯正

これにより、頚肩腕症候群によって神経を圧迫している関節が元に戻り、

痛みが全部なくなってしまうこともあります。頚椎の圧迫や歪みの原因となる姿勢を調整したり、

体の土台となる骨盤を矯正していくとさらに痛みが出にくい体を作っていくことができます。

 


頚肩腕症候群は聞きなれない言葉かもしれませんが、多くの方が意外とリスクがあり、

症状も出ている方が多いのが現状です。

 

頚肩腕症候群の症状に心当たりのある方は、

浜松市東区の しんせつな鍼灸マッサージ整骨院の治療をぜひお受けください!

スタッフブログ一覧へ戻る

交通事故治療

一覧を見る

一覧を見る

一覧を見る

Copyright © しんせつな鍼灸マッサージ整骨院・整体院. All rights reserved.